なぜ、クリスマスシーズンに導入装置を選ぶと設備投資は失敗するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンも終わり、町はすっかりクリスマスに向けた冬支度。

  • 冬のボーナスは何に使おうか?
  • クリスマスはどこに出かけようか?
  • お正月の帰省はどうしようか?

などと世間が浮かれムードになる中。

技術者には別のミッションがあります。

 

クリスマスプレゼントにも劣らぬ、わくわくするミッションとは・・・

 

3月決算の企業でありがちなのですが・・・

 

来年度の予算策定です。

 

マーケティング担当や営業担当の出した来年度の売上予測を元に、調達予算や人事予算も組まれていきます。普段は余り予算を気にしない技術者も、このシーズンだけはお金を気にし始めます。

何と言っても設備投資予算があるからです。


  • 古い機械をだましだまし使ってきたが、もう限界・・・
  • 競合他社には新型機が入ったというのに、うちは旧式のまま
  • PCが旧式過ぎて、社内LANに接続できずに不便
  • メンテ部品も底をつき、メーカーにも在庫なし。次に壊れたら本当にお終い。

などなど、現場で稼働している老朽化装置に対する不満は常に蔓延しているものです。

 

そんな中、クリスマスソングと共にサンタクロースのように颯爽と現れる人物こそが・・・

装置メーカーの営業担当です。

  • 新型装置が全て掲載されたカタログ集を持参しました!
  • 来年度の予算を確保するには金額も必要ですよね!標準仕様での概算金額も全て載せております!
  • 予算さえ取れれば、機種選定は後からやれば良いじゃないですか。まずは見積もり出しておきましょうか。
  • 今度新型装置の紹介セミナーあるんですけど、特別枠で招待しましょうか?

当然、カモがネギ背負ってやってきたわけですから、このような営業提案が雨あられと降ってくるわけです。

手持ちの装置に不満がありまくりな技術者です。

営業担当の説明する最新型装置のスペックや追加機能は非常に魅力的で希望溢れる未来像に映ります。

これを導入すれば現場が凄く楽になりそうだな!もっと良い品質の製品を作れそうだ!などと夢が広がるわけです。


このようにクリスマスシーズンに欲しくなった装置はどうなっていくでしょうか?

 

華々しくデビューして、素敵なクリスマスプレゼントとなるでしょうか?

 

残念ながら、失敗に終わるケースが多いのです。

この時期に持ち上がったプロジェクトの場合、来年度予算枠にねじ込むことが最優先です。具体的な導入に向けた現場での検証は後回しになることも珍しくありません。

先に予算が承認されると、検証テスト結果が不十分であっても「せっかく手間をかけて予算枠を取ったのだから、予算を使わないともったいない」と考えるようになってしまいがちです。予算を執行して装置を導入することが既定路線になってしまい、予算を執行しないという意思決定がしにくくなるのです。

このようにドタバタと選定した装置に限って「データフォーマットが既存システムと合わない」「思った以上に故障頻度が高い」「音がうるさい」といった不満がわらわらと出るようになるものです。

その上、収益面での予測が不十分で、導入したものの採算が取れないというケースが頻発します。


この場合、どのような検証をすべきだったでしょうか?

 

まず行うべきは収益面でのチェックです。

新型装置を導入する費用を回収するために、どの程度売上を立てなくてはならないか?をきちんと計算しておくことです。

そして、収益面で数字を示す時に大事なことがあります。

 

それは、1営業日あたりの売上高・売上個数まで噛み砕いて示し、担当者が腹落ちしておくことです。

1年間の目標売上高の場合、設備の導入コストと見比べながら「このくらいの金額ならいくんじゃないか?」などと安易に考えてしまいがちです。合計金額で判断するのは実感が伴わないため、大変危険!

ここは1営業日あたり何個の仕事をこなさなくてはならないかまで考えると「多少効率が上がったくらいでは投資を回収できない」と判断することもできます。新機能を使って付加価値をつけて売値を上げるといった打ち手も考える必要があるでしょう。

 

冬になってから欲しがって調べ始めた装置は大体失敗します。

本当に必要で欲しいものであれば、その前からしっかり検証しておき、予算の時期になったら書類がすっと出てくる。

そのように年中新しい技術を模索し、必要な技術を見極めておく。

クリスマスシーズンだけ新型装置を調べまわっていても意味がないのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 設備投資が失敗しないための2つのポイントとは?
  2. 神戸製鋼所のデータ改ざん問題と品質問題 〜過剰な出荷前検査に乗り…
  3. データ偽装が発生する方程式
  4. マ・クベ少佐に学べ!コストと納期を半減させた生産性向上計画:ゲル…
  5. 宇宙戦艦ヤマトに見る戦略的意思決定
  6. モテない新製品チラシをモテるチラシに変えるには?オタク青年をも大…
  7. 基準値を定めるKKDメカニズム
  8. 技術者が作った新製品チラシと、オタク青年が合コンでやりがちな自己…
PAGE TOP